HOME > 通気断熱WB工法の仕組みについて

通気断熱WB工法の仕組みについて

外気温と受熱温の温度差によって対流を起こし、焼け込みが室内にこもらない夏の『空冷断熱』構造。
空気を制御し、水分を放出しながら、熱は放出しない冬の『保湿断熱』構造。
この2つの構造を季節によって着替えるのがWB工法です。
夏涼しく、冬暖かい通気断熱WB工法の快適健康システムをご紹介します。

夏涼しく、冬温かいWB工法の効果

夏は、換気口に設置した形状記憶式自動開閉装置の屋根の排気口と床下換気口を開き、自然の換気をします。床下換気口から入り込んだ空気は床下の冷機と混ざり合い、上昇気流に引っ張られ屋根排気口から排出されます。家全体に自然の涼しさが行き渡り、湿気も取り除きます。壁の中の通気層が冷却層の働きをし、部屋の中は外気温に直接暖められずに、涼しさを保つという仕組みです。

冬は、屋根の排気口と床下換気口を閉じ、気密、高断熱の保温効果の高い家にします。また、窓、外壁面、屋根面から吸収した太陽熱や生活熱が空気の流れを利用して通気層が保温層になり、部屋は冷たい外気の影響を直接受けず暖かさを保ちます。

前のページに戻るこのページの最初へ